【2/3最新!仮想通貨、大暴落】その理由とここ最近の出来事をまとめてみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

1月上旬に高騰した仮想通貨。

しかし今や、
値がどんどん下がっていますよね。

前に少し話しましたが
私はまだ手元にありますよ!

しかもコインチェックで買ったのでまさに
渦中の一員になってしまっています。笑

どんどん下がっていますが
いつかまた上がると信じて!

買ったのが、いわゆる
爆上げしていたときだったので、
今の価値は、半値以下ですね!

と、まぁ本人はさほど気にしていないのですが
下がったわけは気になるので、
調べてみました。

中国、韓国での仮想通貨取引禁止

韓国では、1月上旬にパク・サンギ長官が
法務省が取引所での仮想通貨取引を
禁じる法案を準備している。と声明した。

当時主流メディアが
「取引所閉鎖が確定」とした
誤報を伝え、相場は急落していた。

ところが、キム・ドンヨン長官は1月31日、
韓国政府が国内の仮想通貨取引を禁止、
もしくは抑制することはない
ことを声明した。

中国では、2017年からすでに、
国内取引所による取引は禁止されています。

31日の声明でまた韓国の仮想通貨はにぎわうのでしょうか?

フェイスブックでの広告禁止

1/30に米フェイスブックは、
自社のソーシャルネットワーク上で仮想通貨や
新規仮想通貨公開(ICO)、
バイナリーオプションを宣伝することを禁止する。

こうした広告は「誤解を招く虚偽的な宣伝慣行と
しばしば関係している」とした。

これが直接的に暴落に繋がっているかどうかは
分かりません。

コインチェック、NEM580億円相当が不正流出

これは、激震でしたよね。
1月26日深夜の記者会見で、

取引している仮想通貨の一つである
「NEM(ネム)」約580億円分
(5億2300万NEM)が外部からの
不正アクセスで消失したと発表。

コインチェックに立ち入り検査

2月2日午前8時ごろ、コインチェック本社に
金融庁の立ち入り調査が行われた。

仮想通貨の世界的な規制

ドイツやフランスなども
仮想通貨の規制やルールを作るべきと声明しているのです。

まとめ

とはいえ、投資家界隈では、1月に
値が落ちるのは、毎年恒例のようですね。

とはいえ、今回のコインチェックでの問題や、
まだあまりルールなどのない仮想通貨の
実態が多々浮き彫りになってきているので、
今後はそんなに値が上がりにくい??

私も靴磨きの少年は街で大勢見ましたから。

今後どうなっていくかが楽しみですね!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする