【女性目線】同棲生活あるある!こんなはずじゃなかったのに・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

育ってきた環境も違えば、性格だって違う。
もちろん性別も違うんだから考え方なんて全く違いますよね。
男女ってなんなんだ!!

そんな二人が、
夢いっぱい、愛いっぱいの同棲生活!!!

いったいどんな生活なのか、少しのぞいてみましょう!!

いきなり水をさすようですが、
いくらラブらぶな二人でも何かと問題は発生するものです・・

育ってきた環境が違う上の価値観や常識の差がある

育ってきた環境が違うので価値観が違うのは誰しもですよね。
我が家の常識は他の家の常識ではないのです。

それをしっかりと肝に銘じておくべきです!

たとえば、、、

・お風呂は夜に入るもの

とは限りません。
私の育った環境は、お風呂に入らずにお布団に入るなんて
言語道断でしたが、朝に入る人だって居るのです。

・洗濯をしてくれたものの分けていたはずのセーターを洗われていた

洗濯の問題は、皆さん結構あるようで、下着をネットに入れずに洗われる・・・
手洗い専用のものを洗濯される。

パンパンせずに、ぐしゃぐしゃのまま干される。
変なところに洗濯ばさみをはさまれて服がのびのび・・・など。

・トイレの便座を上げっぱなし

これは最悪ですね。
気付かずにそのまま座ってしまったらどうしてくれるんだ!!

・スーパーで買い物する際、どこにこだわるか

値段なのか、値段より産地なのかなど、質より値段か、
値段より質か。ここは意見が分かれやすいですよね。

・脱いだ靴下がその辺に転がっている

恐らく、何度いっても直りません。
(私も良く服を脱ぎ散らかすので人のことは言えません・・・)

・家事の分担が不平等

はじめのうちにいいところを見せようと一生懸命頑張ったものの
気付けば自分ばかり・・・

彼はテレビを見てげらげら、一方こちらはせっせと食事の支度・・・
『イラッ』としますよね専業主婦ならまだしも、
共働きで、自分だって疲れてるにに。。。
生活費も折半しているのにと悲しくなってしまう方は多いようです。

・相手のだらしない姿が目に付く

食べたもののごみがおきっぱなし、
謎のティッシュがテーブルに置きっぱなし、
帰ってきても手を洗わない。

など、同棲して気付く悪い面もたくさん見えてきます。

要するに、はじめにも述べましたが。

自分の中の常識や普通は全く通じないのです。

とにかく口をすっぱくしていいたいのは、
いわなくてもこのくらい分かるだろう。は一切通用しません。

(これは私も痛いくらい痛感しました。ただ何かとごちゃごちゃ言い過ぎるのも
相手を怒らせてしまうので気をつけてくださいね。)

お互い、所詮は他人です。
相手のことを思いやり、いわれたら傷つくような言い方はせず
言い回しを気をつけつつ、お願いするカタチをとると良いかもしれませんね!

たとえば、

洗濯物を綺麗に干して欲しいとき

まず、干してくれたことにものすごく感謝する。
その後、さりげなくパンパンしてから干すと綺麗に乾くんだって!
と、あたかも自分も聞いてきたぐらいのスタンスでいうと
相手のプライドも傷つけずにして欲しいことを、教えることが出来ますよね!

または、こうしてくれるともっといいかも!というように
今でもすごくいいけどさらによくなる!という風に伝えると
実践してくれるかもしれません。

決して、なんでこんな干し方したの?!と切れ気味にいわないように!
多くの男性は、良かれと思い、褒めてもらえると思って行動しています。

そんな言い方をしてしまうと恐らく多くの男性が
二度と洗濯をしてくれなくなります・・・

いつでも、相手を気を掛け続けるのは大変ですが、
少し自分が大人になったつもりで接すると上手く行きやすいかもしれませんね!

自分が言われて嫌な言い方は相手も嫌です。
外国人と接するぐらいの気持ちで行っても決して大げさではないです。

こちらもオススメ↓↓
【 同棲したいけどきっかけがない!!とお困りの皆さんに朗報です】

同棲あるある!同棲して嬉しかったこと、同棲していく中で大切なこと

【女性目線】同棲生活あるある!こんなはずじゃなかったのに・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする