男女の考え方の違いいはこんなところにまで影響されていた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

男女って考え方が違いますよね。
なかなかかみ合わない。

と言うか、意見が合わない。
なんてときありませんか?

特に喧嘩したときとかに!!

そんな男女の違いをご紹介!

あーこんな風に見えていたんだ~

ディズニーのシンデレラの見方は男女で違う!?

「シンデレラ」の見方は男女で微妙に違っているようで、

男性は「どん底から這い上がる物語」として見る傾向があり、
女性は「本当の自分になる物語」として見る傾向があるという。

言われてみれば、確かにそういう見方もあるか。
と思いますが、ねぇ。笑

男脳とは別名ヒーロー脳という

なんと男脳は6歳からほとんど変わらないとか・・・

男性はプライドの高い生き物。
そして尊敬されたい生き物です。

女性でも、そういうとこはあるよ?って思うかもしれませんが、
それは桁違いに違います。

男性は上げてなんぼなのです。

もうご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
すごいね!かっこいいね!さすがだね!知らなかった!!

などなど。。。とにかく、尊敬していますよ!と言うのを伝えるのが大事!!!
もし、自慢げに話していることに対してあ~知ってるよ!なんて言ってしまった日には、

もうもう、ド凹みしてしまうでしょう。

話がかみ合わない理由

男性はそもそも行き着きたい結論があってそういう話をする。
女性は話したいと思う出来事があってあとは話す事そのものを楽しみたい。

要するに男性の話には終わりがあって、
女性の話には、終わりが無い。と言うもの。

男性は結論を、求め、女性は結論を求めているわけではない。


なので話が、かみ合わなくなる現象が起こるのですね。

色の見分け方も!?

男性は大まかに色を識別しているのに対して女性は細かに色を識別する。

男性は多少の色の変化には気付かない。

髪色変えたの!が通用しない理由ですね。

この服どっちがいいかな?

もよく同じに見えるって言いますよね…

タスクをこなせる量の違い

男性は基本的に複数のことを同時にはできません。

女性は、複数のことを同時に行うことが出来ます。

我々の遺伝子の進化は非常に遅く、狩猟採集時代の遺伝子を引きずっています。
農耕社会から産業社会になるまでの期間が大変短かったため、遺伝子が追いついていないのです。
狩猟採集時代においては、男性は、狩猟している最中に会話をしていたら獲物が逃げてしまうので、
必要最低限の目的のある会話しかしなくなり、その結果、「目的を解決するための解決脳」になっています。
一方の女性は、いつ獲物に襲われるか分からないので、
声をだすことで互いの存在を確認しなくてはいけませんでした。
そのため、目的がなくても会話をする必要があり、女性の脳は、
声を出して共感し合う「共感脳」というものに進化しました。出典:早稲田大学 森川友義教授

まとめ

同性でも、家族でも意見が食い違うんだから性別の違う男性なんてもっと違いますよね!

そもそも、脳の作りが違うんだから仕方が無いですね!

このことをふまえて、賢く大人な対応が出来ると更に素敵女子になっちゃうかも!!!

お互い頑張りましょう!

I hope my blog is helpful to you!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする