【アロマオイル(精油)】レモングラスの詳しい効果・効能について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

アロマ検定1級のさくらが教えるラベンダーの詳しい効果効能

わたしの主観もふまえたアロマオイルについて
ご紹介していきます!

レモングラスとは

古くから薬効のあるハーブとして親しまれ、
原産地であるインドでは数千年も前から伝統医学
アーユルヴェーダで用いられてきた長い歴史をもちます。

現在では、トムヤンクン、カレーなどエスニック料理の香りづけのほか、
ハーブティーなどにも利用されています。

見た目はススキのようなまっすぐ伸びた細長い葉が特徴的。
葉をこすると、レモンのような爽やかな香りが漂います。

レモングラスの香り

レモンと同じ「シトラール」という芳香成分を多く含んでいるため、
名前のとおりレモンに似た芳香をもちますが、レモンよりも力強い香り。
ややグリーンな印象や甘さも兼ね備えています。

親しみやすいシトラス系の香りは、アロマ初心者の方にも人気。



レモングラスの効果・効能

ストレス解消

レモンに似た爽やかな香りには精神を落ち着かせる効果があります。

ストレスを軽減し、緊張感や不安感から心を解放し、リラックス、
リフレッシュ両方に使え、精神疲労からくる頭痛など、身体の不調改善にも有効的。

集中力アップ・認知症予防

レモングラスの香りは脳を活性化して、
集中力や記憶力を高める働きが期待できます。

仕事や勉強、車の運転、スポーツ前など、集中力がほしい、
気分転換をしたいというときに役立ちます。

職場や、車などに置くのがおすすめ。

星薬科大学特任教授で医学博士の塩田清二先生の研究によると、
レモングラスの香りを嗅ぐことで、認知症の改善効果が見られたという興味深い結果でています。

空気清浄・消臭・感染症予防

レモングラスは抗菌・抗カビ・抗ウイルス効果が高いことでも知られ、
空気の清浄化や、キッチンやゴミ箱、トイレ、車内などの気になるニオイの消臭に役立ちます。

海外の研究では、レモングラス+ゼラニウムを噴霧することで、
空気中に浮遊する細菌が89%減少したという報告もあるとか。

冬場の風邪やインフルエンザなどの感染症予防にも効果が期待できますね。
なので、病院の受付に置かれていることも。



虫除け効果

レモングラス精油は、蚊や虫が嫌がる香り成分「シトラール」を多く含み、
昆虫忌避作用があることから、蚊、ハエ、ダニ、ノミなどの防虫対策に役立ちます。

市販の虫除けスプレーなどでも、天然ハーブと記載され
レモングラスが使用されていることも。

筋肉痛・肩こり・冷え性の緩和

レモングラスのアロマオイル(精油)は、血管拡張作用のほか、
炎症、痛みを抑える働きもあることから、筋肉痛、肩こり、冷え性、
むくみ、なんと、セルライトのケアにも効果を発揮。

レモングラス精油を希釈したオイルでマッサージするのがおすすめです。
ラベンダーを混ぜることでより効果的に!

※レモングラスには皮膚刺激があるため使用量には注意し、低濃度で使うようにしましょう。

レモングラス精油の基本情報(プロフィール)

植物名:レモングラス
学名:Cymbopogon citratus
科名:イネ科
抽出部位:全草(根以外)
抽出方法:水蒸気蒸留法
主な産地:中国、インドネシア、インドなど
主な成分:ゲラニアール、ネラール、ゲラニオール、リモネン



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする