香港ドラックストア『ワトソンズ』のツバメの巣パックが優秀すぎた件

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1


こんにちは、美容マスターさくらです!

先日、お土産にもらった香港ワトソンズ(Watsons/屈臣氏)限定の
ツバメの巣パックがかなり優秀だった為ご紹介します。
※日本で言うところのマツキヨ的な感じで街のあちこちに店舗があります。

ツバメの巣パックはどんなものなのか?

「燕の巣」は美肌に重要な3つの成分が入っており
「パーフェクト・フード」と言われ
中華料理などの高級食材として珍重されています。

※重要な3つの成分
「シアル酸」「表皮成長因子(E.G.F.様物質)」
「線維芽細胞増殖因子(F.G.F.)」という3つの重要な成分が含まれています。

そして高級化粧品にも使用されるのです。

ツバメの巣は大変高額なためちーーさな小瓶に
入ったツバメの巣使用クリームでも日本では2~3万円します。

しかし、ワトソンズのツバメの巣パックは安値で購入することが出来ます。

5枚入りで、日本円で約1500円
3箱購入すと一箱あたり約¥1000に!
なので、一枚当たり¥200になります。


シアル酸とは

シアル酸には体内の酸化を防ぐ効果(抗酸化作用)があるので、
アンチエイジングに良く美肌効果・免疫力を高める、
育毛を促進する効果
があると言われています。

中国ではこのシアル酸を多く含む燕の巣に、
若返りと美容効果があると古くから言い伝えられていたそうです。
世界三大美女の一人、楊貴妃も燕の巣を好んで食べていたといわれています。

表皮成長因子(E.G.F.様物質)とは?

燕の巣に含まれる表皮成長因子(E.G.F.様物質)という成分は、
細胞の新陳代謝を促進する効果があります。(ノーベル賞受賞成分)

細胞の新陳代謝(ターンオーバー)を促進し、
ヒアルロン酸やエラスチンなどの肌に弾力を与える細胞を維持する効果が。
これはシワを減らしたり肌のたるみアップへの効果が期待できます。

※ アメリカの生物学者スタンレー・コーエン博士により発見された成分で、
博士はEGFの発見により1986年ノーベル医学生理学賞を受賞。
発見当時の価格は1グラム/8,000万円もした高価な成分

線維芽細胞増殖因子(F.G.F.)とは?

燕の巣に含まれる成分の一つ、線維芽細胞増殖因子(F.G.F.)は、
コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を作り出す働きをするのが特徴。

コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸は弾力のある
みずみずしい肌にする効能があります。



ワトソンズのツバメの巣パックは何がいいの?

私が実際使ってみた感想です。
特に事前情報を得ないまま使って衝撃を受けました。

・小顔効果がある

20分ほどおいてパックを取ってかがみをみて、
あれ?顔小さくなった?と思いました。
パックで顔が小さくなるとかある?と思いましたが、
調べたところリフトアップ効果があるので
肌が引き締まり顔が小さくなったのだと納得。

・美白効果がある

これまた、パックをはずして衝撃!
あれ白い。透明感でてる。

中国や韓国の女優さんみたいに
お肌白い!!なになに嬉しい!!

という展開になりました。
本当に透明感には感動です。

・保湿効果がある

肌がもっちりもちもちになります。

・翌日のメイクのノリがいい

メイクのノリが違います。
肌つやがすごくよく見えるので大事な予定の
前日にパックすることを強くおすすめします。

香港ワトソンズの燕の巣パックの使い方

1、封をけサンドイッチ状態になっているので、
パックのブルーのシートを1枚はがします(どちら側でもよいです)

2、透明(若干白)のシートとその下にブルーのシートが重なっている状態になるので、
透明(若干白)のシートをそのまま顔に乗せます。

3、顔に乗せたら外側のブルーのシートをはがします。

4、15~20分位そのまま放置。
私はダイソーのパック用の保護マスクを更につけています。

5.手についた燕の巣パックの液体ブルーのシートの液は首や手にも
塗り込むことをおすすめします!結構付いてるのでそのまま捨てるのはもったいない!



おまけ情報|日本で買ったらいくらする?

じつは、便利なネット社会ゆえ
日本でも楽天市場やAmazonでワトソンズの燕の巣パックは買えます。

ただし2,400円~2,800円とお高い・・・
まぁわざわざ現地調達しに行くよりは安いですね!

試してみる価値はめちゃくちゃあります!!
お土産に買ってきてもらうのが1番ですが、、

ちなみに通販だとお店によっては送料が加算されることもあります。
商品情報は載っていても、販売されていないこともあります。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする