花粉で肌がかゆくなる!?敏感肌がなりやすい『花粉症皮膚炎』とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

花粉症で鼻がぐずぐず、
くしゃみが出て、目もかゆい・・・

冬から春へ、暖かくなり気候も気持ちのいい時期ですが
花粉症の人にはとてもつらい時期ですよね。

花粉症は日本人の国民病とまで言われています。

ところがこの時期、鼻や目だけでなく、肌もかゆくなる!!!
という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
花粉の影響で皮膚炎を起こしてしまうことがあるのです。

それが『花粉症皮膚炎』といいます。

花粉皮膚炎について。

『花粉症皮膚炎』とは、どのような症状なのか

●ところどころ肌に白く粉を吹く
●肌がかゆい(がさがさする)
●ニキビのような赤い細かいブツブツ(湿疹)が出てる
●肌と擦れる部分がヒリヒリする
●目の周り・鼻の周りなどの肌の色が他の場所と違う
●化粧水がピリピリしみる
etc…

季節の変わり目や、紫外線の影響により
肌のバリア機能が低下し、一層花粉症皮膚炎を
起こしやすくしてしまいます。

ある調べによると、
かなりの方が、肌の乾燥や、粉吹き
メイクのノリが悪くなるなどの症状を訴えているそうです。

メイクのノリをよくする対策はこちら

花粉症皮膚炎の対策、解決法

●敏感肌用の化粧品に変える

今まで使えていた化粧水でも肌のバリア機能が
低下しているため、化粧水やファンデーションなどが、
ピリピリしてしまうことがあります。

低刺激や、敏感肌、また赤ちゃんの肌に使用できるものなどを
選ぶと良いでしょう。

楽天→化粧水 キュレル

アマゾン→化粧水 キュレル

●洗顔などなるべく肌をこすらない

クレンジングや洗顔など、ごしごししてしまうと
弱った肌を余計に痛めつけてしまうことになります。

なるべくやさしいものを使用し、なでるように
やさしく洗顔をしましょう。

☆楽天☆洗顔

○アマゾン○洗顔

●バランスの良い食事と睡眠

ゴールデンタイム(22時~2時)に睡眠をとるようにし
肌のターンオーバーを促進してあげる。

また、ビタミンB群は代謝をよくしてくれます。
食事からが難しい方はサプリメントなどからでも
よいですね。

●ストレスをためない、発散する

何事にでもですが、ストレスはバランスを崩したり
体や、心にに悪影響を及ぼします。

ストレス社会の現代ですが、なるべくストレスを
溜め込まないようにしたり、発散することも対策になります。

●一番はやっぱり保湿

前回、メイクのノリについてお話したときもそうでしたが、
やはり肌の保湿は欠かせません。
コットンパックをしたり、日々、対策をすると良いでしょう。

●ひどい場合は皮膚科にいく

あまりにもひどい場合は、きちんと皮膚科で見てもらいましょう。
専門家なので詳しい対策法やお薬などいただけるはずです。

●まとめ●

いかがでしたか?
ただの肌荒れだと思っているそこのあなた!
もしかすると花粉症からの皮膚炎かも知れないですよ。

色々方法はありますが、
自分にあったケアが見つかるといいですね!!

こちらも↓

メイクのノリをぐぐんと上げる方法、クマやくすみの予防にも効果的

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする